男性2人の介助が必要な場合

お客様の状況しだいでは、男性2人以上でなければ出来ない外出もあります。

たとえば、エレベーターのない団地の5階から、車椅子の方の通院。

戸建ての2階から、寝たきりの方を、ストレッチャーで・・・・という場合。

もし、救急車を呼んだら、男性4名でかかる作業です。

まあ、救急でないにせよ、安全のためには、最低、男性2人が必要になります。

ご存じのように、福祉タクシーは、ドライバー一人で行っているケースが多く、男性二人体制は、民間救急を中心に行う業者でなければ、行っていないのが現状です。

(酸素ボンベ、たんの吸引などの医療行為を行う看護婦も手配できる、医療に特化した民間業者で、若干、料金体系に違いもあります。あまり観光などには、適さないかもしれません。)

その数は、それほど多くないので、ご予約は取りにくいですが、そちらで頼めれば、それにこしたことはないと思います。

まあ、それなりのお値段は、かかります。

われわれが、行う場合は、同業者に手伝ってもらうしかありません。

他のお客様の予約時間の合間に、時間を合わせて来てもらい、行います。

ですから、直前に、何時何分と細かい外出時間を指定されては、ほとんど無理だと申し上げています。

病院にご予約の後、何時何分に家に・・・と指定されても、私は大丈夫でも、お手伝いいただける方が来られなければ、お断りするしかありません。

そうなると、お客様は、いちから、また業者を探さねばなりませんが、2人の男性ヘルパーをすぐに、用意できるところは、そうはありません。 

この種の搬送は、呼ばれて、空いていれば、すぐに伺うという訳にはいかないという事をご理解下さい。

病院にご予約の前に、ぜひ、事前にご相談下さいますようお願いいたします。

 

 

VISA、MASTERカード

OKです 

お問い合わせ

TEL

043-441-7630

携帯 

090-4176-6889

(AM8:00~

         PM18:00)

18時以降のご利用

は、当日昼頃までに

ご予約いただければ、

対応いたします。

 

FAX

043-441-7636 

 (24時間受付)

千葉県千葉市

稲毛区宮野木町

1660-6

 

 

責任者  山下勝也

 

 

**************** 

上記に公開している

電話番号は、お客様

の、お問合わせ番号です。                            

セールス、勧誘等は、

ご遠慮下さい。

(0120,050,0800の電話には、対応いたしませんので、ご了承下さい。)

 

 

  

 

 

 

国土交通省

関東運輸局許可

事業

関自旅二50号

 

 

NPO法人日本福祉

タクシー協会加盟